模擬裁判教材――
小学校の法教育教材として模擬裁判教材をご提供しています。

法教育教材模擬裁判教材>小学生のための刑事裁判入門〜ねらいと構成

小学生のための刑事裁判入門〜ねらいと構成

0.ねらい

(1) 刑事手続の意味や刑事裁判の原則を理解する

例「疑わしきは被告人の利益に」の意味
○検察官の立証責任を表したフレーズ
○「真実を知っているのは被告人だ」という考え方は、疑われた人に「真実を言え」という強制が働いて、逆に虚偽の事実が作り出され、冤罪を生み出すおそれがあること。

(2) 「事実をみる力」を養う

@証拠に基づいて事実を多面的な視点で捉える。
Aいくつかの事実から何が起こったのかを論理的に考える。
Bそれをわかりやすく他者に伝える。

(3) 実地を体験することで、児童の知的好奇心や学習への意識を向上させる。

1. 刑事裁判の仕組み

(1) 検察官の役割

被告人がある犯罪を犯したことを、証拠に基づいて主張し、有罪の裁判(処罰)を求める。

(2) 弁護人の役割

被告人の言い分を、証拠に基づいて主張し、無罪の裁判や軽い処罰を求める。

(3) 裁判官の役割

検察官と被告人・弁護人の主張や提出した証拠を検討し、「有罪か無罪か」「有罪であるとすればどのような処罰が良いか」を決める。

(4) 裁判員の役割

検察官と被告人・弁護人の主張や提出した証拠を検討し、「有罪か無罪か」「有罪であるとすればどのような処罰が良いか」を、裁判官と共に決める。

2. 裁判の原理・原則

(1) 「疑わしきは被告人の利益に」(「無罪の推定」)

=少しでも疑いが残っていれば有罪としてはならない。
問1:どうして「疑わしきは被告人の利益に」の原則を認めなければならないのか。
問2:何もしていないのに、自分が犯人と疑われ、処罰されたらどうか、想像してみる。

(2) 証拠による裁判

・裁判は証拠に基づいて行われなければならない。
・思い込み、神のお告げ、超能力によって、有罪の裁判をすることはできない。

3. 模擬裁判の行い方(指導の仕方、注意点)【未作成】

(1) 児童に裁判官、検察官、弁護士を演じさせる場合

(2) 裁判員として審理する場合

(3) 模擬裁判を見て(傍聴して)議論する場合

4. 事実の判断の仕方

(1) どんな証拠や事実が認められるか

@ 予見的証拠(事件を引き起こすことを窺わせるような事実)
A 同時的証拠(事件を引き起すことが可能であったか。アリバイ等)
B 回顧的証拠(事件を引き起こしたことを窺わせる事実)

(2) 証拠・証言の信用性の判断(どのような点に着眼するか)

@ 知覚:見誤る危険性はないか?
A 記憶:記憶違いではないか?
B 表現(真摯性):偽証のおそれはないか?(被告人への反感等から)
C 叙述(正確性):言い間違いがないか?

5. 影響を受ける人たちへの配慮

被告人、証人、被害者、疑いをかけられた人たちのために、どんな配慮をすべきか。

6. まとめ

(1) いろいろな証拠を集め、無実の人を罰することがないよう、慎重な判断を。

(2) 予断と偏見をもたない。裁判だけではなく、人として大切なこと。

戻る

 
法教育教材利用会員の募集お問い合わせ特定商取引法上の表示プライバシーポリシーサイトマップリンク集法教育支援センターブログ